女ノマド、一人砂漠に生きる

常見藤代 著

夫や子どもたちと離れ、たったひとりでラクダを連れてエジプトの砂漠で暮らす女遊牧民サイーダ。著者は、彼女と遊牧生活をともにするなかで、これまで自身で思い描いていた、素朴で自由な"ノマド"像とのギャップに困惑しながらも、彼女のたくましい生命力に惹かれていく。結婚するまでお互いの顔をほとんど見ないという「恋愛」事情や一夫多妻のリアルな内実など、急速に変容するイスラム社会にあっても、日本とはまったく異なる価値観で力強く生きる一族の女たちを鮮やかに描いた渾身のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 女ひとりの砂漠(もうばあさんだから男はいらない
  • 男がいないと、どうなるか
  • 祈りがもたらす心の安らぎ ほか)
  • 第2部 うつりかわり(収入の安定とひきかえに失ったもの
  • 記憶の彼方の砂漠
  • 砂漠の民vs町の民 ほか)
  • 第3部 男と女(白いハンカチと赤い口紅
  • 結婚は人生の楽しみの半分
  • 妻はふたり ほか)
  • エピローグ これから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女ノマド、一人砂漠に生きる
著作者等 常見 藤代
書名ヨミ オンナ ノマド ヒトリ サバク ニ イキル
書名別名 Onna nomado hitori sabaku ni ikiru
シリーズ名 ノンフィクション 0672
集英社新書 0672
出版元 集英社
刊行年月 2012.12
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720672-2
NCID BB11081118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22184720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想