消費の自由と社会秩序 = Consumption,Liberty and the Social Order : 18世紀イギリス経済思想の展開における消費者概念の形成

鈴木康治 著

[目次]

  • 第1章 序論-消費論と18世紀イギリス経済思想
  • 第2章 18世紀消費論の源流と消費者役割の未分的把握
  • 第3章 奢侈是認論と消費者概念の脱道徳化
  • 第4章 奢侈概念の変容と消費者概念の脱社会階層化
  • 第5章 ポリティカル・エコノミーと学知としての消費者概念の形成
  • 第6章 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費の自由と社会秩序 = Consumption,Liberty and the Social Order : 18世紀イギリス経済思想の展開における消費者概念の形成
著作者等 鈴木 康治
書名ヨミ ショウヒ ノ ジユウ ト シャカイ チツジョ : ジュウハッセイキ イギリス ケイザイ シソウ ノ テンカイ ニ オケル ショウヒシャ ガイネン ノ ケイセイ
書名別名 Consumption,Liberty and the Social Order
出版元 社会評論社
刊行年月 2012.11
ページ数 209p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7845-1815-9
NCID BB11068266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22179142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想