たましいの場所

早川義夫 著

18歳から21歳まで歌を歌っていた。早くおじいさんになろうと思い、25歳、町の本屋の主人として暮らしはじめた。そして二十数年後、無性に歌が歌いたくなり歌手として再出発した早川義夫の代表的エッセイ集。「恋をしていいのだ。恥をかいていいのだ。今を歌っていくのだ」。心を揺り動かす率直で本質的な言葉。文庫用に最終章を追加。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • この世で一番キレイなもの
  • たましいの場所
  • 忘れていること、忘れられないこと
  • 歌は歌のないところから聴こえてくる
  • 僕は僕を知りたくて本を読む
  • 文庫版のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たましいの場所
著作者等 早川 義夫
書名ヨミ タマシイ ノ バショ
シリーズ名 ちくま文庫 は42-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.12
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43005-2
NCID BB11047222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22198678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想