大学教育改革と授業研究 : 大学教育実践の「現場」から

須藤敏昭 著

大学授業の改革は今や不可欠の実践課題だ。大学大衆化そして評価とアカウンタビリティを基軸とした改革の趨勢は全大学教師に対し、学生の質向上を保証する授業方法の具体的改善を求めている。今日の大学における授業改革の目的と、近年の大学授業研究の展開を踏まえて、前大東文化大学学長としての活動経験および自らの多彩な授業実践事例を通じ、「現場」からこの重要課題に答える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 大学における教育改革と授業研究(大学における授業研究の背景
  • 授業評価とFD活動
  • 大学における授業研究の展開-主な関連書籍を一挙書評
  • 大学における授業研究の課題)
  • 第2部 大学における私の授業改善の試み(大規模講義・「教育方法論」における改善の試み
  • 中規模講義・「生活(科)」における改善の試み
  • ゼミ(専門演習)における実践と私の授業修行)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学教育改革と授業研究 : 大学教育実践の「現場」から
著作者等 須藤 敏昭
書名ヨミ ダイガク キョウイク カイカク ト ジュギョウ ケンキュウ : ダイガク キョウイク ジッセン ノ ゲンバ カラ
書名別名 Daigaku kyoiku kaikaku to jugyo kenkyu
出版元 東信堂
刊行年月 2012.12
ページ数 152p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7989-0153-4
NCID BB11034140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22186105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想