刑法各論

大越義久 著

刑法各論の基本からより高度な議論へ。コンパクトながら、刑法各論の全体像を把握できると好評のテキストの最新版。最新重要判例や平成23年刑法改正などを織り込んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 個人法益に対する罪(生命・身体に対する罪
  • 自由に対する罪
  • 名誉に対する罪
  • 財産に対する罪)
  • 第2部 社会法益に対する罪(公共危険罪
  • 偽造の罪
  • 賭博・富くじに関する罪
  • 公衆の感情に対する罪)
  • 第3部 国家法益に対する罪(国家の存立を危険にする罪
  • 国家の作用を侵害する罪
  • 我が国の外交作用を侵害する罪)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法各論
著作者等 大越 義久
書名ヨミ ケイホウ カクロン
書名別名 Keiho kakuron
シリーズ名 有斐閣Sシリーズ 59
出版元 有斐閣
刊行年月 2012.12
版表示 第4版.
ページ数 243p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-15942-6
NCID BB11023246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22180082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想