扉を開く人クリスティーン・ブライデン : 認知症の本人が語るということ

クリスティーン・ブライデン 著 ; 永田久美子 監修 ; 認知症当事者の会 編著

46歳でアルツハイマー型と診断されたキャリアウーマン。認知症の「常識」を変えた!脚光浴びたその講演の真髄。超高齢社会、医療とケアの取り組み最前線。今、認知症を深く知るための最良の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに これから認知症になる人へ-新時代の扉を開くあなた
  • 第1章 認知症新時代の幕開け(クリスティーンが開く扉-認知症とともに生きる人々と希望にむけて
  • クリスティーン・ブライデンが語ったこと-二〇〇三年‐二〇〇七年の日本での講演より)
  • 第2章 クリスティーンの現在(日本の読者へのメッセージ
  • Q&A自ら語る現在の生活そして歩いてきた道)
  • 第3章 クリスティーンの言葉をどう受け止めるか(クリスティーンとの出会い
  • 日本における認知症当事者発信の展開
  • クリスティーンを読みながら認知症と生きる-認知症当事者のブログより
  • 当事者発信が生み出しつつあること)
  • 第4章 認知症とともに生きる心の旅同行記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 扉を開く人クリスティーン・ブライデン : 認知症の本人が語るということ
著作者等 Bryden, Christine
永田 久美子
認知症当事者の会
ブライデン クリスティーン
書名ヨミ トビラ オ ヒラク ヒト クリスティーン ブライデン : ニンチショウ ノ ホンニン ガ カタル ト イウ コト
書名別名 Tobira o hiraku hito kurisutin buraiden
出版元 クリエイツかもがわ
刊行年月 2012.11
ページ数 201p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86342-100-4
NCID BB11009788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想