面積の発見

武藤徹 著

ナイルの氾濫で失われた耕地を測量するために、人類は面積の存在に気づいた。はじめは「縦×横」ではなく、労働時間や収穫量が基準となった。やがて抽象的な面積概念が発達し、論証図形学が誕生する。体積、仕事量、曲線の長さなども積分によって求めることが可能になった。面積が数学になるまでの過程をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 度量衡の誕生(バビロニア
  • エジプト ほか)
  • 第2章 面積の発見(面積とは
  • 労働で測られた面積 ほか)
  • 第3章 面積の展開(『九章算術』をよむ
  • 三平方の定理 ほか)
  • 第4章 面積概念の発展(一般曲線の囲む面積
  • 区分求積法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 面積の発見
著作者等 武藤 徹
書名ヨミ メンセキ ノ ハッケン
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 200
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.12
ページ数 124p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029600-7
NCID BB11000331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22194415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想