コンビニと日本人 : なぜこの国の「文化」となったのか

加藤直美 著

先の見えないデフレ不況の中、他業種を尻目にひとり気を吐き、躍進を続けるコンビニ業界。もともと「外来種」であったこの店舗・業態が、なぜこの国に根付き、独自の大発展を遂げたのか。未曾有の人口減少・少子高齢化社会に突入した日本で、コンビニが担うさらなる役割とは…。綿密な取材とデータ分析で解き明かした「コンビニと日本人」の過去・現在・未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東日本大震災とコンビニ("ライフライン"としての自覚
  • きっかけは阪神・淡路大震災
  • 震災がもたらしたもの)
  • 第2章 人口減少社会とコンビニ(増えるコンビニ、減る人口
  • 地域のコンビニ
  • 買い物弱者とコンビニ)
  • 第3章 少子高齢社会とコンビニ(高齢化とコンビニ
  • 「おひとりさま」とコンビニ
  • 高齢者対応サービスの変遷)
  • 第4章 ネット社会とコンビニ(コンビニのサービス
  • コンビニのコミュニケーション)
  • 第5章 コミュニティとコンビニ(コミュニティのネットワーク化
  • 相互扶助ネットワークの検証)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンビニと日本人 : なぜこの国の「文化」となったのか
著作者等 加藤 直美
書名ヨミ コンビニ ト ニホンジン : ナゼ コノ クニ ノ ブンカ ト ナッタ ノカ
出版元 祥伝社
刊行年月 2012.12
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-396-61440-9
NCID BB10998739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22182164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想