過労死のない社会を

森岡孝二 編

過労死が社会問題になった四半世紀。しかし過労死は滅るどころか、若者の過労自殺を含めると、増えてさえいるのが現状だ。過労死家族、弁護士、研究者、支援者らがそれぞれの経験や知見から、「過労死防止基本法」の制定を訴える。ニッポンの働きすぎる文化を唄で綴る木津川計氏の心に沁みる講演「命より大切な仕事って何ですか」も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 命より大切な仕事って何ですか-人間らしく生きるために
  • 2 今、なぜ過労死防止基本法か
  • 3 リレートーク 過労死家族の訴えと職場の現状

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 過労死のない社会を
著作者等 木津川 計
森岡 孝二
書名ヨミ カロウシ ノ ナイ シャカイ オ
シリーズ名 岩波ブックレット No.857
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.12
ページ数 61p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270857-7
NCID BB10994170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22286118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
今、なぜ過労死防止基本法か 森岡孝二 執筆
命より大切な仕事って何ですか 木津川計 執筆
過労死家族の訴えと職場の現状 北出茂 述, 塚野信子, 岩城穣 聞き手, 川村遼平, 藤川真人, 西垣迪世
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想