リスク化される身体

美馬達哉 著

メタボリックシンドローム、パンデミック、医療「崩壊」、大震災…。私たちはいま、ミクロからマクロまで無数のリスクに脅え、絶えず自己管理を迫られている。こうした風景がもはや日常化した現代社会の知られざる陥穽を、精緻な分析のもとで明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 リスク論の視座
  • 第1章 リスクの医学-病の変容
  • 第2章 リスクパニックの時代-疫病としてのインフルエンザ
  • 第3章 グローバリゼーションと身体のテクノロジーの変容
  • 補論 「ミルク、それともレモン?」福祉国家と選択の自由
  • 第4章 安全への欲望と医療「崩壊」
  • 第5章 神経経済人の憂うつ
  • 最終章 リスク社会1986/2011-東日本大震災再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスク化される身体
著作者等 美馬 達哉
書名ヨミ リスクカ サレル シンタイ : ゲンダイ イガク ト トウチ ノ テクノロジー
書名別名 現代医学と統治のテクノロジー

Risukuka sareru shintai
出版元 青土社
刊行年月 2012.12
ページ数 250,2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6667-3
NCID BB10979825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22175199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想