透明なる社会

ジャンニ・ヴァッティモ 著 ; 多賀健太郎 訳

来たるべき情報技術社会を透徹した思考で捉え、世界の多元化、脱現実化、コミュニケーションの多チャンネル化のなかで、「透明なる社会」の到来という近代啓蒙思想の「強い」理想を、その形而上学的な呪縛や限界から解き放とうとする試み。今日における哲学の使命に賭ける、ヴァッティモ一流の「弱い思考」に貫かれた好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ポストモダン-透明なる社会なのか?
  • 第2章 人文科学とコミュニケーション社会
  • 第3章 再発見された神話
  • 第4章 揺らぎの芸術
  • 第5章 ユートピアからヘテロトピアへ
  • 第6章 脱現実化の限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 透明なる社会
著作者等 Vattimo, Gianni
多賀 健太郎
ヴァッティモ ジャンニ
書名ヨミ トウメイ ナル シャカイ
書名別名 La società transparente

Tomei naru shakai
シリーズ名 イタリア現代思想 *3
出版元 平凡社
刊行年月 2012.11
ページ数 157p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-70344-3
NCID BB10968498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22180344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想