現代「生活者」論

天野正子 著

他人まかせにしない、できることは自分で、一人でできないことは他者と支えあって。現代日本の歴史経験のなかで登場してきた「生活者」の実践をとらえ直し、新しい共同性・公共性の回路を見通す試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生活者、再発見(歴史に「生活者」像を追う-戦時体制下から二一世紀へ
  • 生活革命の幕開け-欲望モノ語りの終焉
  • グローバル/ローカルを結ぶ生活者の実践-生活クラブ・ジェンダー・オルタナティブ)
  • 第2部 問い直される戦後経験-生きる現場からの検証(「男であること」の再編・変容・ゆくえ-労働者エートス・企業社会・家族
  • 子どもを映す「文化と社会」-「道端」文化の創生
  • トライアングル(家族‐学校‐企業)の成立とゆらぎ)
  • 第3部 生活者のネットワーク力(ネットワーク型コミュニティを生きる-もう一つの公共圏へ
  • 「婦人」から「女性」へ、そして「おんな=女」のネットワークへ-何を主題化してきたか
  • 女性と高齢者が担う「新しい働き方」の協同組合-その可能性と困難)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代「生活者」論
著作者等 天野 正子
書名ヨミ ゲンダイ 「 セイカツシャ 」 ロン : ツナガル チカラ オ ソダテル シャカイ エ
書名別名 つながる力を育てる社会へ

Gendai 「 seikatsusha 」 ron
出版元 有志舎
刊行年月 2012.11
ページ数 300, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-903426-65-5
NCID BB10951939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22179768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想