新・だれも書かなかった「部落」

寺園敦史 著

戦前からの同和行政と解放運動の輝かしい歴史を有する京都市。戦後の同和対策事業と部落解放運動の闘争スタイルは、京都市から生まれ、その後全国に普及していった。しかし、部落の実態が改善された80年代以降も、事業は拡大され、同和地区住民への優遇策は継続されていった。「なんで部落だけ優遇されるのか」。「ねたみ」でも「差別意識」でもない不信感が市民の間で募ってきたなか、同和対策事業と解放運動は、本当に差別の解消に寄与してきたのか?巨額の対策事業費は、かえって「部落」を固定し、「部落民」を再生産してきたのではないか?京都市を舞台に、負の現代史に斬り込む不朽の名著が、最新の事情を加えて新たに登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「部落であること」の強制(自立-「同和漬け」からの脱出
  • 逆行-同和行政の常識と非常識 ほか)
  • 第2章 犯罪・不祥事を生み出すシステム(採用-運動が「堕落」するとき
  • 崩壊-ジャンキー公務員 ほか)
  • 第3章 「同和」の錬金術(脱税-潤沢な運動の資金源
  • 詐取-食いものにされた事業と運動 ほか)
  • 第4章 「全国最悪」を語る(本音-96京都市長選にて
  • 信頼-「同和」からの解放・神戸 ほか)
  • 第5章 何も解決しない「差別への怯え」(座礁-奪われた人事権と売買された採用枠
  • 強要-便宜供与の片棒を担ぐ行政 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・だれも書かなかった「部落」
著作者等 寺園 敦史
書名ヨミ シン ・ ダレ モ カカナカッタ 「 ブラク 」
書名別名 Shin ・ dare mo kakanakatta 「 buraku 」
シリーズ名 宝島社新書
出版元 宝島社
刊行年月 2012.11
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8002-0356-4
NCID BB10949992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22174326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想