語られなかった戦後日本外交

池井優 著

激動の戦後史を彩るエピソードの数々。敗戦による占領、サンフランシスコ講和、日米安保改定、日中国交回復、沖縄返還-。戦後外交史の重要な局面には、いつも「人間」が織りなすドラマがあった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マッカーサーと日本占領-戦後日本に君臨した連合軍最高司令官
  • 吉田茂とサンフランシスコ講和、日米安保条約-戦争で負けて外交で勝とうとした首相
  • "二つの中国"と日本の選択-北京と台北の間で揺れた当局者
  • 日本の戦後賠償-東南アジア諸国への対応
  • 鳩山一郎と日ソ国交回復-不自由な体で目的を達成した政治家
  • 岸信介と日米安保改定-反対運動の渦の中で実現した新安保条約
  • ライシャワー大使と文化外交の展開-知日派大使の果たした役割
  • 池田勇人と東京オリンピックの開催-国民の目を政治から経済に向けさせた総理
  • 椎名外相と日韓国交正常化-三六年に及ぶ植民地統治の怨念を越えて
  • 佐藤栄作と沖縄返還-戦争で失った領土を交渉で取り戻した稀有の例〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 語られなかった戦後日本外交
著作者等 池井 優
書名ヨミ カタラレナカッタ センゴ ニホン ガイコウ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.11
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-1994-8
NCID BB1093256X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22177265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想