明治〈美人〉論 : メディアは女性をどう変えたか

佐伯順子 著

絵葉書となり、流した浮名に庶民が興味津々の芸者・栄龍。鹿鳴館の貴婦人の一人でセレブ中のセレブ、侯爵夫人・鍋島栄子。美人コンテストで一等獲得。初の素人美人、女学生・末弘ヒロ子。彼女たちに代表される美人は、その容姿はもちろん、文明開化の気運がもたらした女性の地位、教育、ファッションなどの変革もあいまって、写真・出版メディアの注目を集めるに至った。黎明期の女性雑誌、明治初期に創刊された「小新聞」を中心に現代にも通じる美しい女性の生き方を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 写真のあけぼのと明治女性(芸者から読みとく「文明開化」
  • "ゲイシャ"から女優へ-芸能、演劇界の近代化
  • 女学生ブーム-「文明開化」の理想の女性)
  • 第2章 明治の女性雑誌と新しい"美人"像(鹿鳴館の女性たち-写真に見る国際性
  • 憧れの"セレブ"写真
  • 女性雑誌の女学生、女性教育者の写真
  • 多分野に進出する女性たちの写真)
  • 第3章 明治の新聞と「新しい女」たち(ワイドショーの主役、芸者
  • 新聞写真のなかの女学生
  • 「新しい女」への注目-多様な世界で活躍する女性たち)
  • 第4章 写真が変えた日本の結婚(「見合い写真」の登場-地縁を越えた近代的結婚
  • 写真見合いへの批判
  • キリスト教式結婚の意味-"恋愛結婚の先駆者たち
  • 一夫一婦制の提唱と新聞記事の結婚写真
  • セレブ写真と「花嫁花聟の家庭」
  • 結婚写真における和装の意味-日本的「女徳」の表現
  • 洋装の"美人"写真
  • 赤十字と婦人団体に見る"セレブ夫人"の社会事業
  • 「内助の功」の賛美)
  • 終章 明治メディアが問いかける"美人"像-色あせぬ挑戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治〈美人〉論 : メディアは女性をどう変えたか
著作者等 佐伯 順子
書名ヨミ メイジ ビジンロン : メディア ワ ジョセイ オ ドウ カエタカ
シリーズ名 NHKブックス 1198
出版元 NHK
刊行年月 2012.11
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091198-3
NCID BB10920152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22176767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想