ある哲学者の軌跡 : 古在由重と仲間たち

岩倉博 著

哲学者・古在由重がひとりの同時代人として、戦争に突き進み拡大する戦中、そして平和と民主主義を希求する戦後のなかで、何を学び、考え、仲間たちとどう交遊・談話し、どう生き、闘ったか。膨大な「古在由重文庫」(藤沢市湘南大庭市民図書館所蔵)-古在の蔵書・著作はもちろん、原稿メモ、講義テープ、日記・手帳、書簡、新聞スクラップなど-ならびに関係者の著作・文章を渉猟し、さらに多数の人々の聞き取りなど六年をかけて取材・執筆し、時代に正面から立ち向かった哲学者の実像に迫る力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦前編 ファシズムに抗して(少年時代-一九〇一〜二〇年
  • 哲学彷徨-一九二一〜二三年
  • 唯物論者誕生-一九二四〜二九年
  • 「非合法活動」-一九二九〜三四年
  • 唯物論研究会-一九三四〜三八年 ほか)
  • 戦後編 平和求めて(民主化運動-一九四六〜四八年
  • 平和への意志-一九四八〜五〇年
  • 自由大学サークル-一九五一〜五七年
  • 安保前後-一九五八〜六〇年
  • 分裂と共同と-一九六一〜六六年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある哲学者の軌跡 : 古在由重と仲間たち
著作者等 岩倉 博
書名ヨミ アル テツガクシャ ノ キセキ : コザイ ヨシシゲ ト ナカマタチ
書名別名 Aru tetsugakusha no kiseki
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2012.11
ページ数 707,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7634-0649-1
NCID BB10916359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想