環境哲学のラディカリズム = RADICALISM OF ENVIRONMENTAL PHILOSOPHY : 3.11をうけとめ脱近代へ向けて

尾関周二, 武田一博 編

[目次]

  • 第1部 エコロジー再考のラディカリズム(真の環境ラディカリズムとは何か-「自然に従う」ということ
  • 環境的に持続可能な文明の創造-マルクスのラディカルな再考とともに
  • 日独における「共生」と「エコロジー」をめぐって-ディスクール分析のラディカリズム)
  • 第2部 近代批判から脱近代へ-現代社会の諸相をめぐって(人間と自然の共生の意味を問う-「自然‐作為」と「物象化」の議論を軸に
  • 「自然の社会化」への物象化論的アプローチ-人間と自然の物質代謝の亀裂の克服のために
  • 根こぎと共感-資本主義批判と脱近代の視点から
  • エコロジー的主体とエコロジー的社会の探究-近代「個人」の批判と自由の時間の考察を通じて
  • 情報思想からみた地球環境問題への応答責任-コミュニケーション、苦痛、そして他社性の視点から)
  • 第3部 脱近代の文明・社会へ向けて-3.11以後の世界(3.11原発震災と文明への問いかけ-脱近代への条件の探究
  • ドイツ「脱原発」の背景の思想と心情-"3.11"に臨んだドイツ人たちの反応から
  • 環境哲学における"共"の現代的視座-人間と自然の関係についての新たな社会哲学的構想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境哲学のラディカリズム = RADICALISM OF ENVIRONMENTAL PHILOSOPHY : 3.11をうけとめ脱近代へ向けて
著作者等 尾関 周二
武田 一博
書名ヨミ カンキョウ テツガク ノ ラディカリズム : サン イチイチ オ ウケトメ ダツキンダイ エ ムケテ
書名別名 RADICALISM OF ENVIRONMENTAL PHILOSOPHY
出版元 学文社
刊行年月 2012.10
ページ数 273p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7620-2320-0
NCID BB10898803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22167670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想