公共の経済・経営学 = Public Economics and Policy Management : 市場と組織からのアプローチ

山内弘隆, 上山信一 編著

混迷する経済状況が続く現代の日本にあって行政の役割が重要視されている。経済学・経営学のロジックをふまえ、日本を変えるための手法を具体的に提示。医療、教育、道路、空港、河川、農業の6つの分野から最新のケースを紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 公共の経済学(公共の経済学の考え方
  • 政策分析の理論と手法
  • 政策形成と公共選択
  • 政策執行の主体と効率性)
  • 第2部 公共の経営学(公共の経営学の考え方
  • パブリックマネジメントの実際
  • 行政評価とガバナンス
  • 地域主権時代の自治体財務のあり方-公的部門の資金生産性の向上)
  • 第3部 事例分析(医療・公衆衛生における公的役割・介入のあり方-予防接種政策を事例として
  • 公教育政策の経済学的評価
  • 都市高速道路の料金体系の変更-首都高速道路における対距離料金制への移行
  • 空港経営の仕組みと課題-関西国際空港の経営再生を考える
  • 河川統制から治水政策へのパラダイム転換-管理からガバナンスへ
  • 米作のビジネスモデル政策の評価)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公共の経済・経営学 = Public Economics and Policy Management : 市場と組織からのアプローチ
著作者等 上山 信一
山内 弘隆
書名ヨミ コウキョウ ノ ケイザイ ケイエイガク : シジョウ ト ソシキ カラ ノ アプローチ
書名別名 Public Economics and Policy Management
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.11
ページ数 404p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-1963-4
NCID BB10872060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22176833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想