韓国における日本文学翻訳の64年

尹相仁, 朴利鎮, 韓程善, 姜宇源庸, 李漢正 著 ; 舘野晳, 蔡星慧 訳

日本文学は韓国で、どのように翻訳され、出版され、読まれてきたか。日本文学翻訳の歴史と現状を研究と書誌目録などの資料で明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 韓国人にとって日本文学は何であるか(時差と非対称性
  • 日本文学と植民ヘゲモニー
  • 他者としての日本文学
  • 日本文学の復権
  • 1990年以後の日本文学)
  • 2 何が翻訳されたのか(時代別翻訳作家の現況
  • 主要作家の翻訳回数及び出版回数
  • 時代別、作品翻訳の状況
  • 翻訳者の現況)
  • 3 どのように読んだのか(時代別分析
  • ベストセラー及びロングセラーを中心とする分析
  • 結論)
  • 4 どのように翻訳したのか(「雪国」と日本文学翻訳60年
  • 直訳風表現の様相
  • 訳者注と文化翻訳
  • 結論)
  • 日本文学翻訳64年の書誌目録(散文編
  • 韻文編)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国における日本文学翻訳の64年
著作者等 尹 相仁
朴 利鎮
蔡 星慧
韓 程善
館野 晳
李 漢正
舘野 〓
姜宇 源庸
書名ヨミ カンコク ニ オケル ニホン ブンガク ホンヤク ノ ロクジュウヨネン
出版元 ニュース社
刊行年月 2012.10
ページ数 365p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7852-0145-6
NCID BB10862034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22170816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想