システム複合時代の法

瀬川信久 編 ; グンター・トイブナー 著 ; 尾﨑一郎, 綾部六郎, 楜澤能生, 毛利康俊, 藤原正則 訳

トイブナー社会理論の特徴と性格を明らかにし社会理論と法律学の連携へ示唆を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 二値編成複合性に立憲化-国民国家を超えた社会的立憲主義について
  • 2 越境する企業の自己立憲化-企業行動指針の私的性格と国家的性格の結合について
  • 3 「わたしがベルゼブルの力で悪霊を追い出すのなら、…」-ネットワーク機能不全の悪魔学
  • 4 社会制度としての鑑定(専門家意見)-第三者の契約内部化
  • 5 結合義務としての利益の分配?-フランチャイズ・システムでのネット利益の再分配
  • 6 トイブナーの社会理論と法律学
  • 7 時代と格闘するG.トイブナー-ノイズからの法律学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 システム複合時代の法
著作者等 Teubner, Gunther
尾崎 一郎
楜沢 能生
楜澤 能生
毛利 康俊
瀬川 信久
綾部 六郎
藤原 正則
トイブナー グンター
書名ヨミ システム フクゴウ ジダイ ノ ホウ
出版元 信山社
刊行年月 2012.11
ページ数 174p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5590-4
NCID BB10857511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22181883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
わたしがベルゼブルの名で悪霊を追い出すのなら,… グンター・トイブナー, 毛利康俊
トイブナーの社会理論と法律学 尾﨑一郎
二値編成複合性の立憲化 グンター・トイブナー, 尾﨑一郎, 綾部 六郎
時代と格闘するG.トイブナー 毛利康俊
社会制度としての鑑定〈専門家意見〉 グンター・トイブナー, 藤原正則
結合義務としての利益の分配? グンター・トイブナー, 藤原正則
越境する企業の自己立憲化 グンター・トイブナー, 楜澤 能生
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想