歴史と事実 : ポストモダンの歴史学批判をこえて

大戸千之 著

"歴史"とは、過去の出来事を徹底調査し客観的な"事実"を取り出して、これを記述したものだと、一般には受けとめられている。しかし、ポストモダニズムの台頭以来、歴史とは歴史家が過去についての見かたをそれぞれに語った物語にすぎないのであり、過去をそのまま復元したものではないという批判がある。本書は歴史学の原点である古代ギリシアの歴史家の見解を検討し、歴史を書くことの可能性についてあきらかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いま何が問題なのか-ポストモダニズムと歴史学
  • 第1章 歴史叙述の起源
  • 第2章 ヘロドトス-事実とは情報である
  • 第3章 トゥキュディデス-事実とは解釈である
  • 第4章 ポリュビオス-事実の正確な理解を
  • 第5章 「循環史観」という神話
  • 第6章 ランケの歴史学とその後-事実とは史料である
  • 終章 何が可能か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史と事実 : ポストモダンの歴史学批判をこえて
著作者等 大戸 千之
書名ヨミ レキシ ト ジジツ : ポストモダン ノ レキシガク ヒハン オ コエテ
シリーズ名 学術選書 057
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2012.11
ページ数 305p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87698-857-0
NCID BB10856086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22177151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想