戦いの日本史 : 武士の時代を読み直す

本郷和人 著

武士の時代、その闘争、そして武家政権とは何だったのか?平清盛と源頼朝の対立から、鎌倉、南北朝、室町、戦国の世を経て、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の進めた天下統一事業まで。鎌倉幕府・北条家による撫民の思想と謡曲「鉢木」の真実、山名宗全の復讐劇に始まった応仁の大乱、戦国における「天下」の意味と信長の思想…史実の刮目すべき新解釈を鮮やかに示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平清盛と源頼朝-治承・寿永の内乱
  • 第2章 後鳥羽上皇と北条義時-承久の乱
  • 第3章 安達泰盛と平頼綱-霜月騒動
  • 第4章 足利尊氏と後醍醐天皇-南北朝内乱
  • 第5章 細川勝元と山名宗全-応仁の乱
  • 第6章 今川義元と北条氏康-駿東地域の争奪戦
  • 第7章 三好長慶と織田信長-戦国の畿内争奪の諸相
  • 第8章 豊臣秀吉と徳川家康-小牧・長久手の戦い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦いの日本史 : 武士の時代を読み直す
著作者等 本郷 和人
書名ヨミ タタカイ ノ ニホンシ : ブシ ノ ジダイ オ ヨミナオス
シリーズ名 角川選書 515
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.11
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703515-7
NCID BB10835891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22179759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想