首都防空網と〈空都〉多摩

鈴木芳行 著

昭和戦前・戦中期、武蔵野の一大織物産地から首都防空網の要となった"空都"多摩は、米軍の本格的な戦略爆撃における最初の標的となった。その誕生から消滅、興復まで「産業と都市」を鍵に多摩の近代史をひも解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本格的空襲の最初は多摩-プロローグ
  • "空都"多摩を考える
  • 多摩の防空軍事施設と航空機会社工場
  • "空都"多摩の形成
  • 首都防空網と多摩の空襲
  • "空都"多摩の行方-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 首都防空網と〈空都〉多摩
著作者等 鈴木 芳行
書名ヨミ シュト ボウクウモウ ト クウト タマ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 358
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.12
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05758-5
NCID BB10835596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22174678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想