生権力の歴史 : 脳死・尊厳死・人間の尊厳をめぐって

小松美彦 著

なぜ脳死が人の死とされるのか、なぜ尊厳死が推進されるのか。「人間の尊厳」の系譜を、ギリシア哲学やキリスト教神学からたどり直し、生権力の淵源に迫る画期的な著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 尊厳死法制化の歴史構造-その多面的検討(安楽死と尊厳死の諸相
  • 尊厳死法制化の思想と制度的背景
  • 自己決定権という罠、尊厳死推進真意
  • おわりに)
  • 第2章 「人体革命」の時代-「人間の尊厳」概念と「自己決定権」への批判的視座(「人間の尊厳」概念の再構築へ
  • 自己決定権の現実的・歴史的な問題
  • 自己決定権の原理的な問題と「共鳴する死」
  • おわりに)
  • 第3章 爛熟する生権力社会-「臓器移植法」改定の歴史的意味(「脳死=人の死(の基準)」の展開史
  • 日本の医療・福祉の縮減化の沿革-尊厳死法制定へ
  • 臓器移植法改定の思想-コント・スポンヴィルの諸説を通じて
  • 臓器移植法改定と生権力
  • おわりに)
  • 第4章 フーコーとアガンベンの終わりなく遠ざかる消失点-生権力論を錬磨する(フーコーの忘れ物
  • アガンベンの骨格-『ホモ・サケル‐主権権力と剥き出しの生』
  • 「ホモ・サケル」プロジェクトと『開かれ-人間と動物』
  • アガンベンの世界変革の理路-「空虚」・「無為」・「潜勢力」
  • アガンベン生権力論の異彩と撞着
  • おわりに)
  • 第5章 生権力の厳かな発動源-「人間の尊厳」概念の歴史的検討(「人間の尊厳」概念の系譜1-ピコとその後裔たち
  • 「人間の尊厳」概念の系譜2-ハイデガーの蹉跌
  • 「人間の尊厳」概念の爆裂-強制安楽死・ユダヤ人大量殺戮の思想構造
  • 戦後世界への浸透-世界人権宣言・フレッチャー・生命倫理
  • おわりに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生権力の歴史 : 脳死・尊厳死・人間の尊厳をめぐって
著作者等 小松 美彦
書名ヨミ セイケンリョク ノ レキシ : ノウシ ソンゲンシ ニンゲン ノ ソンゲン オ メグッテ
出版元 青土社
刊行年月 2012.11
ページ数 429,9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6678-9
NCID BB10818699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22175349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想