近代朝鮮と日本

趙景達 著

19世紀前半、儒教的民本主義に基づく政治システムの朝鮮社会で、身分制が解体してゆく状況から説き起こし、1910年日本に併合されて大韓帝国が滅亡するまでの朝鮮近代通史。政治文化に着目して日本社会と比較しながら、日朝修好条規、甲申政変、甲午農民戦争、大韓帝国誕生、日本の保護国化、国権回復運動等を描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 朝鮮王朝と日本
  • 第2章 朝鮮の開国
  • 第3章 開国と壬午軍乱
  • 第4章 甲申政変と朝鮮の中立化
  • 第5章 甲午農民戦争と日清戦争
  • 第6章 大韓帝国の時代
  • 第7章 日露戦争下の朝鮮
  • 第8章 植民地化と国権回復運動
  • 第9章 韓国併合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代朝鮮と日本
著作者等 趙 景達
書名ヨミ キンダイ チョウセン ト ニホン
書名別名 Kindai chosen to nihon
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1397
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.11
ページ数 258,14p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431397-7
NCID BB10815012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22181068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想