ローマ帝国 : 帝政前期の政治・社会

パトリック・ル・ル 著 ; 北野徹 訳

「元老院による共和政」からカエサル主義およびアウグストゥスによる「帝国的君主政」が形成された。皇帝、首都ローマ、軍隊、属州行政など帝国の統治構造を概説、また人口や社会階層、経済の動向、地方都市についても論じている。帝国内部で発生した反乱ならびに外来部族からの進入問題についても言及。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ローマ帝国またはローマの支配(ローマの世界支配
  • 事実上の君主政)
  • 第2章 「人が住んでいる世界」の統治(皇帝
  • 首都ローマ
  • 属州の行政)
  • 第3章 八〇〇〇万人の住民(人口と社会
  • 帝国-世界
  • 何千という都市)
  • 第4章 帝国の諸問題(ローマ化の問題
  • 反乱の問題
  • 外来部族の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ帝国 : 帝政前期の政治・社会
著作者等 Le Roux, Patrick
北野 徹
ル・ル パトリック
書名ヨミ ローマ テイコク : テイセイ ゼンキ ノ セイジ シャカイ
書名別名 L'Empire romain

Roma teikoku
シリーズ名 文庫クセジュ 974
出版元 白水社
刊行年月 2012.11
ページ数 152,15p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50974-6
NCID BB10789047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想