源氏物語と儀礼

小嶋菜温子, 長谷川範彰 編

[目次]

  • 幻の「源氏物語絵巻」のことなど-『源氏物語』と人生儀礼をめぐって
  • 第1章 源氏物語における人生儀礼(生誕-方法としての産養
  • 袴着-「蛭の子が齢」の比喩をめぐって
  • 元服-その背景にある陰陽道 ほか)
  • 第2章 源氏物語の人々と儀礼(帝・帝の葬送儀礼-桐壷院の「御国忌」をめぐって
  • 后妃・『源氏物語』后妃の儀礼-入内・仏教儀礼・中宮大饗をめぐって
  • 光源氏・「さかさまに行く」儀礼-算賀の宴の時空間 ほか)
  • 第3章 源氏物語と儀礼の歌(源氏物語にみる儀礼の歌
  • 儀礼歌の歴史からみる源氏物語)
  • 巻末資料 『源氏物語』人生儀礼歌一覧-付・八代集にみる参考歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語と儀礼
著作者等 小嶋 菜温子
長谷川 範彰
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ト ギレイ
シリーズ名 源氏物語
出版元 武蔵野書院
刊行年月 2012.10
ページ数 806p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8386-0264-3
NCID BB10787358
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22178875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「さかさまに行く」儀礼 堀淳一
『源氏物語』「宿木」巻における二つの結婚 有馬義貴
『源氏物語』からみる儀礼歌の表現史 西山秀人
『源氏物語』の「後朝の別れの歌」と「後朝の文の歌」 長谷川 範彰
『源氏物語』の儀礼と歌 高橋亨
『源氏物語』后妃の儀礼 本橋裕美
『源氏物語』女三宮の裳着と機能 横溝博
中の君 秘密裏に結ばれた腹帯 井野葉子
儀礼と抒情 浅田徹
儒学と堂上古典学の邂逅 海野圭介
元服 深澤瞳
夕霧の通過儀礼 青木慎一
帝の葬送儀礼 陣野 英則
平安後期物語との比較 倉田実
幻の「源氏物語絵巻」のことなど 小嶋 菜温子
幻巻を読む 高野晴代
御湯殿の儀の明石君 竹内正彦
明石姫君誕生の儀礼と和歌 植田恭代
時を経た哀傷歌と『源氏物語』 高橋由記
柏木と通過儀礼 小山清文
法会 園山千里
浮舟と儀礼 鈴木裕子
源氏物語における儀礼 大井田晴彦
源氏物語における儀礼の歌 高木和子
源氏物語の儀礼と和歌 久富木原玲
源氏物語古注釈における通過儀礼注の変遷 新美哲彦
玉鬘の儀礼 今井久代
玉鬘裳着の日の歌 吉井美弥子
生誕 袴田光康
算賀 池田節子
紫の上をめぐる儀礼 吉野瑞恵
結婚 星山健
葬送 松岡智之
葬送儀礼関係歌の流れから見る『源氏物語』 松本真奈美
袴着 秋澤亙
裳着 川名淳子
裳着の和歌と『源氏物語』 谷知子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想