世界正義論

井上達夫 著

世界では今、貧困が原因で一日に五万人近い命が失われている。他方で二〇〇三年には超大国アメリカが、恣意的な口実でイラク侵攻を正当化し、非戦闘員を含めて少なくとも十万人ものイラク国民が戦死している。世界貧困という巨大な問題が放置され、自国に有利な「正義」が跋扈する現代世界。国ごとに「正義」が異なり、国境の内外でも異なるという現実。こうしたなかで、「国境を越え、覇権を裁く正義」としての世界正義はいかにして可能か。本書は、この問いを原理的・包括的に探究する法哲学の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界正義論の課題と方法
  • 第2章 メタ世界正義論-世界正義理念の存立可能性
  • 第3章 国家体制の国際的正統性条件-人権と主権の再統合
  • 第4章 世界経済の正義-世界貧困問題への視角
  • 第5章 戦争の正義-国際社会における武力行使の正当化可能性
  • 第6章 世界統治構造-覇権なき世界秩序形成はいかにして可能か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界正義論
著作者等 井上 達夫
書名ヨミ セカイ セイギロン
書名別名 Sekai seigiron
シリーズ名 筑摩選書 0054
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.11
ページ数 390,8p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01558-7
NCID BB10787198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22185492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想