歌、いとしきものよ

星野哲郎 著

歌のふるさとがあるとしたら、それは作詞家、作曲家たちの心なのかもしれない-。「なみだ船」「三百六十五歩のマーチ」「みだれ髪」など、数多くの名歌を世に送り出した作詞家・星野哲郎。同じ時代の中、ともに歩み、切磋琢磨したヒットメイカーたちを招き、その作品と人生を語りあう。演歌の巨匠が綴る、歌謡曲への応援歌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 浪花節だよ人生は
  • 第2章 北国の春
  • 第3章 時には娼婦のように
  • 第4章 今は幸せかい
  • 第5章 北の宿から(対談)
  • 付章 昔の名前で出ています

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌、いとしきものよ
著作者等 星野 哲郎
書名ヨミ ウタ イトシキ モノ ヨ
書名別名 Uta itoshiki mono yo
シリーズ名 文芸 212
岩波現代文庫 212
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.11
ページ数 312p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602212-9
NCID BB10776806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22181507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想