ミシェル・アンリ : 生の現象学入門

ポール・オーディ 著 ; 川瀬雅也 訳

ミシェル・アンリと深い交流を結んだ著者による、日本で最初のアンリ哲学の概説書。アンリの「生の現象学」は、従来の現象学の限界を見極め、そこに新たな地平を切り拓いた。「生の現象学」による刷新は、何を問題にし、どのような困難に出会い、いかなる特異性を持つのか。アンリ哲学の本質を鮮やかに論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イントロダクション 哲学的歩みの出発点(独立と絶対者
  • 生の場所
  • 直進か、転回か)
  • 1 現象学の刷新(出発点
  • 原初的な"現れること"
  • 哲学的真理)
  • 2 刷新に伴う諸困難(個体の問題
  • 自己‐触発の問題
  • 他者関係の問題)
  • 3 刷新の方法(方法論的な"賭け金"
  • 超越論的なものへの道行き
  • 三つの基本モチーフ)
  • 4 刷新の特異性(存在論というリスク
  • 生の無名性に抗して
  • 諸概念の二重化)
  • 結論 哲学的歩みの到達点(信仰と知
  • 最後の言葉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミシェル・アンリ : 生の現象学入門
著作者等 Audi, Paul
川瀬 雅也
オーディ ポール
書名ヨミ ミシェル アンリ : セイ ノ ゲンショウガク ニュウモン
書名別名 MICHEL HENRY
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.11
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-15423-4
NCID BB10772634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想