妻帯仏教の民族誌 : ジェンダー宗教学からのアプローチ

川橋範子 著

仏教は女性を救済するか?「肉食妻帯勝手」の布告より140年、僧侶の妻、尼僧、女性信徒、仏教界で女性の立場はどう変わってきたのか。女性による仏教改革運動のフェミニスト・エスノグラフィー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ、仏教とジェンダーなのか
  • 1(宗教とジェンダーの交差するところ
  • 「ネイティヴ」のフェミニスト・エスノグラファーとして書くこと)
  • 2(妻帯仏教の背景
  • 女性たちの挑戦-教団を再想像する
  • フェミニスト仏教の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妻帯仏教の民族誌 : ジェンダー宗教学からのアプローチ
著作者等 川橋 範子
書名ヨミ サイタイ ブッキョウ ノ ミンゾクシ : ジェンダー シュウキョウガク カラ ノ アプローチ
書名別名 Saitai bukkyo no minzokushi
出版元 人文書院
刊行年月 2012.11
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-409-41079-0
NCID BB10770978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22214785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想