偶然性の問題

九鬼周造 著

あらゆる事象はゆくりないめぐり逢いであり、その邂逅の源泉に原始偶然が厳存する-。偶然性を定言的偶然、仮説的偶然、離接的偶然の三つに大別し、偶然性の本質を解明した九鬼周造(1888‐1941)の主著。ヘラクレイトスの偶然論とパルメニデスの必然論の対立以来くりかえし問い続けられてきた「偶然と必然」の問題への九鬼独自の解答。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説(偶然性と形而上学
  • 必然性の本質とその三様態 ほか)
  • 第1章 定言的偶然(概念と定言的偶然
  • 綜合的判断の偶然性 ほか)
  • 第2章 仮説的偶然(理由的偶然
  • 理由的消極的偶然 ほか)
  • 第3章 離接的偶然(離接的偶然の意味
  • 様相性一般 ほか)
  • 結論(偶然性の核心的意味
  • 偶然性の内面化)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 一 偶然性と形而上學 / 1
  • 二 必然性の本質とその三樣態 / 5
  • 三 偶然性の三樣態 / 9
  • 第一章 定言的偶然 / 13
  • 一 槪念と定言的偶然 / 13
  • 二 綜合的判斷の偶然性 / 17
  • 三 特稱判斷の偶然性 / 21
  • 四 孤立的事實としての偶然 / 28
  • 五 例外的偶然 / 33
  • 六 定言的偶然の存在理由 / 39
  • 七 定言的偶然から假說的偶然へ / 44
  • 第二章 假說的偶然 / 47
  • 一 理由的偶然 / 47
  • 二 理由的消極的偶然 / 51
  • 三 理由的積極的偶然 / 58
  • 四 因果性と目的性 / 65
  • 五 因果的偶然と目的々偶然 / 71
  • 六 目的々消極的偶然 / 83
  • 七 目的々積極的偶然 / 88
  • 八 目的なき目的 / 93
  • 九 故意と偶然 / 99
  • 一〇 アウトマトンとテュケ / 104
  • 一一 目的々偶然から因果的偶然へ / 114
  • 一二 因果的淸極的偶然 / 115
  • 一三 因果的積極的偶然 / 134
  • 一四 複合的偶然 / 140
  • 一五 假說的積極的偶然の一般性格 / 142
  • 一六 周易と偶然 / 150
  • 一七 同時的偶然と繼起的偶然 / 155
  • 一八 偶然性と時間空間的限定 / 168
  • 一九 歷史と偶然 / 172
  • 二〇 偶然の客觀性 / 176
  • 二一 假說的偶然から離接的偶然へ / 182
  • 第三章 離接的偶然 / 185
  • 一 離接的偶然の意味 / 185
  • 二 樣相性一般 / 190
  • 三 樣相性の二つの體系 / 198
  • 四 偶然性と可能性との類似關係 / 208
  • 五 偶然性と不可能性との近接關係 / 212
  • 六 樣相性の第三の體系 / 220
  • 七 三種の體系の槪括 / 237
  • 八 偶然の遊戲と蓋然性の槪念 / 242
  • 九 偶然性の時間性格 / 261
  • 一〇 偶然性と驚異の情緖 / 271
  • 一一 偶然と藝術 / 276
  • 一二 偶然と運命 / 285
  • 一三 形而上的絕對者 / 300
  • 一四 有と無 / 313
  • 結論 / 319
  • 一 偶然性の核心的意味 / 319
  • 二 偶然性の内面化 / 325

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 偶然性の問題
著作者等 九鬼 周造
書名ヨミ グウゼンセイ ノ モンダイ
書名別名 Guzensei no mondai
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和10
ページ数 331p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-00-331463-0
NCID BB10768284
BN01829881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46083852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想