死刑と正義

森炎 著

光市母子殺害事件、秋葉原通り魔事件…裁判員制度で激変した死刑基準と社会の価値とは?元裁判官が事件を手掛かりにとらえなおす、裁判員時代の「罪と罰」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 裁判員は人を殺す自由を手に入れる!?
  • 第1章 死刑空間1「市民生活と極限的犯罪被害」-ある日、突然、家族が侵入者に殺害されたら
  • 第2章 死刑空間2「大量殺人と社会防衛」-秋葉原通り魔事件は死刑で終わりか
  • 第3章 死刑空間3「永劫回帰する犯罪性向」-殺人の前刑を終えてまた殺人をくりかえしたら
  • 第4章 死刑空間4「閉じられた空間の重罪」-親族間や知人間の殺人に社会はどう対処すべきか
  • 第5章 死刑空間5「金銭目的と犯行計画性の秩序」-身代金目的誘拐殺人は特別か
  • 第6章 変形する死刑空間A「被告人の恵まれない境遇」-釈然としない言い訳の意味はどこにあるか
  • 第7章 変形する死刑空間B「心の問題、心の闇と死刑」-異常心理と責任能力の混迷を断つ
  • 第8章 変形する死刑空間C「少年という免罪符」-人を殺して少年が更生すればそれでよいのか
  • 第9章 変形する死刑空間D「死刑の功利主義」-賠償金で死刑を免除するのは正しいか
  • 終章 死刑の超越論的根拠を撃つ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死刑と正義
著作者等 森 炎
書名ヨミ シケイ ト セイギ
シリーズ名 講談社現代新書 2183
出版元 講談社
刊行年月 2012.11
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288183-8
NCID BB10763939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22175438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想