地形からみた歴史 : 古代景観を復原する

日下雅義 著

「地震」「水害」「火山」「雷」「大風」…。『記紀』に描かれた数多の自然現象とその災害の実態とは?「浦」「江」「潟」「岸」「潮」「浜」…。『万葉集』に謳われた風光明媚な景を現在と比較すると?「古墳」「池」「溝」「津」「水門」、人為は景観をどう変えたのか?空中写真、地形図、遺構・遺跡、史料を突き合わせ、失われた古代日本を大胆に復原する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 景観の復原と遺跡-はじめに
  • 第2章 大地は変わる
  • 第3章 『記紀』『万葉集』に自然の景をよむ
  • 第4章 生活の場を復原する
  • 第5章 生産の場を復原する
  • 第6章 消費の場を復原する
  • 第7章 景観の形成と古代-むすびにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地形からみた歴史 : 古代景観を復原する
著作者等 日下 雅義
書名ヨミ チケイ カラ ミタ レキシ : コダイ ケイカン オ フクゲン スル
書名別名 Chikei kara mita rekishi
シリーズ名 講談社学術文庫 2143
出版元 講談社
刊行年月 2012.11
ページ数 279p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292143-5
NCID BB10705910
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想