遺伝子操作時代の権利と自由 : なぜ遺伝子権利章典が必要か

シェルドン・クリムスキー, ピーター・ショレット 編著 ; 長島功 訳

遺伝子操作が生命の網にどのような影響を及ぼすことになるかは全く分らないし、遺伝子組み換え生物は、いったん環境に入れば、取り除くことはできないし、人類と生命圏全体に新たなリスクを及ぼす。人間の遺伝子操作は、個々人と彼らの子孫の健康に新たな脅威を作り出し、人権、プライバシーおよび人間の尊厳を危険にさらす畏れがある。にもかかわらず科学、医学、企業、政府の各機関は、遺伝子操作を推進し、病気を治し飢える人を養うという約束の美名の下に、生命が急速に特許化されて商業の対象となっている。本書は、私たち人間の権利と人格的完全性と地球の生物学的完全性を保護するために、遺伝子革命の社会的・生物的な意味を評価し、その応用を民主的に制御するために、遺伝子権利章典を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生物多様性
  • 第2部 生命特許
  • 第3部 遺伝子組み換え食品
  • 第4部 先住民族
  • 第5部 環境中の遺伝毒性物質
  • 第6部 優生学
  • 第7部 遺伝的プライバシー
  • 第8部 遺伝子差別
  • 第9部 無実を証明するDNAの証拠
  • 第10部 出生前の遺伝子改変

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子操作時代の権利と自由 : なぜ遺伝子権利章典が必要か
著作者等 Krimsky, Sheldon
Shorett, Peter
長島 功
ショレット ピーター
クリムスキー シェルドン
書名ヨミ イデンシ ソウサ ジダイ ノ ケンリ ト ジユウ : ナゼ イデンシ ケンリ ショウテン ガ ヒツヨウ カ
書名別名 RIGHTS AND LIBERTIES IN THE BIOTECH AGE
出版元 緑風
刊行年月 2012.11
ページ数 417p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8461-1217-2
NCID BB1070485X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22166339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想