宗教と権力の政治

佐々木毅 著

それぞれに忠誠心を要求し、人間の行動を左右し、激しく衝突してきた「聖」と「俗」との長い抗争は、政治に何をもたらしたのか。「政治とは何か」を考えるシリーズ二冊目の本書は、教皇至上権とトマス・アクィナスの政治論、ルターの宗教改革、マキアヴェッリの権力論、さらに宗教戦争を経て、「政治の解体」が訪れ、中世が終幕をむかえるまでを論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教皇至上権-信仰共同体の上に築かれた権力(「神の国」から地上の統治へ
  • 教皇至上権への道
  • 異端の登場と修道院の役割)
  • 第2章 トマス・アクィナスと政治論-信仰共同体の分節化(理性は信仰により完成される
  • 徳の序列と法の体系
  • 世俗の秩序の安定をめざして)
  • 第3章 教会論の再構築と宗教改革-さまざまな宗教改革(世俗権力の逆襲
  • 教皇絶対主義の崩壊と改革運動
  • 宗教改革)
  • 第4章 マキアヴェッリと権力の問題-政治における強制(混乱の時代の外交官として
  • 統治の核としての強制力
  • 教会と共和政について
  • 道徳と政治の分断)
  • 第5章 宗教戦争と政治の解体-主権論と中世の終幕(宗派中心主義と「政治の解体」
  • 無秩序の絶望から生まれた主権論
  • 絶対主義の自己矛盾
  • 政治と宗教の分離と共存)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教と権力の政治
著作者等 佐々木 毅
書名ヨミ シュウキョウ ト ケンリョク ノ セイジ
書名別名 Shukyo to kenryoku no seiji
シリーズ名 「哲学と政治」講義 2
講談社学術文庫 2
出版元 講談社
刊行年月 2012.11
ページ数 261p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292139-8
NCID BB10699942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想