教育工学における学習評価

永岡慶三, 植野真臣, 山内祐平 編著

挑戦的に行われている最先端の学習評価研究をわかりやすく解説、研究対象としての学習評価について、その多様なアプローチや展開も提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教育工学における学習評価(新時代の評価
  • 学習理論と評価観の変遷
  • 評価理論の変遷
  • 「発達」を考慮した学習評価)
  • 第2章 学習評価の基礎(テスト理論
  • 自然言語処理と学習評価
  • 教育データのデータマイニング)
  • 第3章 コンピュータ利用テスト(コンピュータ利用テストの実用
  • eテスティング
  • eポートフォリオ)
  • 第4章 学習評価の多様性(生理データを用いた学習評価
  • 相互評価
  • 教材開発と評価
  • 授業研究と評価
  • 質的研究と評価)
  • 第5章 学習評価とデータ解析(自分で決めよう教育工学
  • 学習評価におけるデータ解析研究の趨勢
  • 学習評価のトレンドはデータ解析からポートフォリオか
  • データ解析の留意点-因子分析でも因子の命名は人間の判断
  • 教育データ解析研究を次世代へつなぐ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育工学における学習評価
著作者等 山内 祐平
日本教育工学会
植野 真臣
永岡 慶三
書名ヨミ キョウイク コウガク ニ オケル ガクシュウ ヒョウカ
書名別名 Kyoiku kogaku ni okeru gakushu hyoka
シリーズ名 教育工学選書 / 日本教育工学会 監修 8
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.10
ページ数 224p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06368-0
NCID BB1069991X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22169206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想