環境の日本史  1

平川 南【編】

なぜ、いま「環境の日本史」なのか。日本列島の気候や地形の変動を復原しつつ、植物や動物と人が歩んだ歴史を解明。また、生業・宗教・古地図などから自然観や環境観の変遷をたどり、環境問題の展望を歴史のなかに見出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人と自然のかかわりの歴史-『環境の日本史』の視座
  • 1 自然環境の復原(気候変動と歴史学
  • 日本列島の復原
  • 人と植物の歴史
  • 人と動物の歴史)
  • 2 歴史のなかの自然観を探る(民衆知としての生業論
  • 宗教と自然
  • 古地図に描かれた想像世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境の日本史
著作者等 中塚 武
井原 今朝男
平川 南
末木 文美士
海津 正倫
湯本 貴和
西本 豊弘
青山 宏夫
書名ヨミ カンキョウ ノ ニホンシ
書名別名 日本史と環境 : 人と自然
巻冊次 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.11
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-01723-7
NCID BB10671852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22170339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想