精神科病院を出て、町へ : ACTがつくる地域精神医療

伊藤順一郎 著

日本では、重い精神障害をもつ人々は精神科病院への長期入院を余儀なくされてきた。だが、患者の地域生活を支援するための、多職種チームによる訪問医療「ACT」(包括型地域生活支援プログラム)の導入は、希望をもたらす成果を上げはじめている。「病気が主人公」から「その人が主人公」へ。ACTの登場は今、地域から精神医療の概念を変えつつある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「精神科病院への入院」がもたらすもの
  • 2 日本の精神医療がかかえる歴史的事情
  • 3 これからの精神医療がめざしたいこと
  • 4 白衣を捨てよ、町に出よう-ACTという実践
  • 5 地域から精神医療の「概念」を変えよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神科病院を出て、町へ : ACTがつくる地域精神医療
著作者等 伊藤 順一郎
書名ヨミ セイシンカ ビョウイン オ デテ マチ エ : アクト ガ ツクル チイキ セイシン イリョウ
シリーズ名 岩波ブックレット No.854
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.11
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270854-6
NCID BB10667651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22182166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想