シモーヌ・ヴェイユ

冨原眞弓 著

シモーヌ・ヴェイユは生涯、「地表に蔓延する不幸」と闘いつづけた。比類なき誠実さと清冽な思索の全貌を描くヴェイユ研究の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 家族・師・独立-パリ(一九〇九‐三一年)
  • 第1章 全体主義と革命幻想-パリ/ベルリン(一九三〇‐三三年)
  • 第2章 「遺書」としての「自由と社会的抑圧」-パリ(一九三四年)
  • 第3章 教室・工場・戦場のはざまで-パリ/バルセロナ(一九三四‐三六年)
  • 第4章 大戦への序曲-ヴェネツィア(一九三七‐三八年)
  • 第5章 不幸と注意力-ポルトガル/アッシジ/ソレーム(一九三五‐四〇年)
  • 第6章 政治の空白と思索の充溢-ヴィシー/マルセイユ(一九四〇‐四二年)
  • 第7章 大戦と戦後のはざまで-ニューヨーク(一九四二年)
  • 第8章 政治理論と神秘神学-ロンドン(一九四二‐四三年)
  • 第9章 根こぎと根づきの弁証法-ロンドン(一九四三年)
  • 終章 最後の使信-ロンドン〜アッシュフォード(一九四三年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シモーヌ・ヴェイユ
著作者等 富原 真弓
冨原 眞弓
書名ヨミ シモーヌ ヴェイユ
書名別名 Shimonu veiyu
シリーズ名 岩波人文書セレクション
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.10
ページ数 308,23p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028561-2
NCID BB10656316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22170874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想