わかりやすい構造構成理論 : 緩和ケアの本質を解く

岡本拓也 著

構造構成主義に脳科学や認知科学の成果を援用し、「ひとで成り立つ医療の源の視点」をひも解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 問題の所在-緩和ケアの特徴と関連し本質的に内在する問題について(「辛さ」に焦点を当て、これに対応する-主観を治す
  • 全人的医療を志向する-意味や価値をも対象とする ほか)
  • 2 構造構成主義について(構造構成主義とは何か
  • 構造構成主義が持つ関心 ほか)
  • 3 重要な概念について(主客問題・認識問題
  • 自然的態度 ほか)
  • 4 臨床に直結する7つの具体例(「痛み」について
  • 「せん妄」について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかりやすい構造構成理論 : 緩和ケアの本質を解く
著作者等 岡本 拓也
書名ヨミ ワカリヤスイ コウゾウ コウセイ リロン : カンワ ケア ノ ホンシツ オ トク
書名別名 Wakariyasui kozo kosei riron
出版元 青海社
刊行年月 2012.11
ページ数 161p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-902249-62-0
NCID BB10654263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22247292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想