知の失敗と社会 : 科学技術はなぜ社会にとって問題か

松本三和夫 著

原発をはじめ科学技術にかかわる社会問題は、科学技術の問題である以上に、人間の内面や社会のしくみに深く関係している。身近な具体例を素材に、科学・技術・社会の境界面で発生する「構造災」を科学社会学の視点から一貫して捉える先駆的な力作。専門知が社会問題に転化する地平を浮き彫りにし、問題解決の糸口を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 天災と人災のあいだの失敗-事故はなぜなくならないか(科学技術は善か悪か
  • 一九世紀の爆発事故-「知の失敗」とは何だろうか
  • 二〇世紀の墜落事故-「知の失敗」を産出し続けるシステム
  • リスク論批判)
  • 2章 科学技術政策のジレンマ(知の隙間をどうみるか
  • 科学技術政策をつくっている言説
  • 議論は巡る-科学技術決定論と社会決定論の循環
  • 科学技術複合体と問題の全体像)
  • 3章 科学技術複合体への期待と成果の落差の社会的意味(新エネルギー技術開発の登場-OPECとOTEC
  • 日本のOTEC開発過程
  • 不確実性と意思決定-エネルギー問題と地球環境問題の光と影
  • 進べきか、留まるべきか-OTEC再登場の文脈)
  • 4章 ためにする知をこえて-「知の失敗」の克服のために(学際研究の通念につきまとう幻想
  • 閉じたエリート路線-あるSTS
  • 閉じた大衆路線-もうひとつのSTS:専門家と非専門家の合作の条件)
  • 5章 自己言及・自己組織型の提言(テクノクラシーから距離をとる
  • テクノ・マスデモクラシーから距離をとる
  • 足下からの制度再設計への提言
  • じわり型問題への提言-原子力とGM作物)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知の失敗と社会 : 科学技術はなぜ社会にとって問題か
著作者等 松本 三和夫
書名ヨミ チ ノ シッパイ ト シャカイ : カガク ギジュツ ワ ナゼ シャカイ ニ トッテ モンダイ カ
シリーズ名 岩波人文書セレクション
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.10
ページ数 331,29p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028563-6
NCID BB10653271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想