放射線のものさし : 放射線のひみつ 続

中川恵一 著

このままでは、事故の教訓を残せないのではないか?著者は、何をし、何を語ってきたのか?何を、どう語るべきだったのか?チーム中川、この一年半の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私は、何をし、何を語ってきたのか(この1年半、語ったこと
  • 医療、現地、行政に関わって ほか)
  • 第2章 私は、何を・どう語るべきだったのか(パニックの始まり
  • 私たちの予測と違和感 ほか)
  • 第3章 飯舘村の困難と帰村の条件(福島県相馬郡飯舘村へ
  • 福島訪問 ほか)
  • 第4章 福島のお役に立ちたい(今後の課題
  • 「現存被ばく状況」の認識に始まる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放射線のものさし : 放射線のひみつ 続
著作者等 中川 恵一
書名ヨミ ホウシャセン ノ モノサシ : ホウシャセン ノ ヒミツ
出版元 朝日出版社
刊行年月 2012.10
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-255-00683-3
NCID BB10652654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想