犬のココロをよむ

菊水健史, 永澤美保 著

あなたの愛犬への接し方は間違っていませんか。犬は言葉を交わせなくても、あなたの意図を全力で知ろうとしています。驚くべき犬のコミュニケーション能力の研究は始まったばかりですが、人間の認知研究にも大きな影響を与えています。簡単な観察実験とともに、その最先端の成果をわかりやすく紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 犬との生活を始める(古代人も犬を飼っていた
  • 犬との生活をスタートさせるまえに ほか)
  • 2 犬の感覚を通した世界(驚異の犬の嗅覚
  • 犬はなんの匂いを嗅ぎ分けているのか ほか)
  • 3 犬の驚くべきコミュニケーション能力(クンクンとキャンキャンの区別
  • 音の大きさと体の大きさ ほか)
  • 4 犬の「ココロ」の起源を探る(犬はいつから犬だったのか
  • オオカミに近い柴犬 ほか)
  • 5 犬と人を絆ぐ(「収斂進化仮説」
  • 人も家畜化した ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犬のココロをよむ
著作者等 永澤 美保
菊水 健史
書名ヨミ イヌ ノ ココロ オ ヨム : ハンリョ ドウブツガク カラ ワカル コト
書名別名 伴侶動物学からわかること
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 199
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.11
ページ数 131p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029599-4
NCID BB10644747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22181468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想