プーチンの思考 : 「強いロシア」への選択

佐藤親賢 著

「冷酷非情な独裁者」、あるいは「現代の皇帝(ツァーリ)」といったイメージが先行するプーチン大統領。一方で強いカリスマ性を持ち、状況に対応する天才という評価も併せ持つ。長期にわたる政権下で豊かになった中間層から、以前には考えられなかった強い逆風が吹く中、なぜプーチンは再び最高権力者となる道を選んだのか。ロシアが「普通の国」に移行しようとする困難なこの時期に、彼が目指しているものは何なのか。間近で取材を続けてきたジャーナリストが、知られざるその「思考」に肉薄する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大統領復帰の誤算-プーチン苦戦の背景(「勝利宣言」涙の真相
  • 市民の意識の変化
  • 予想を超えた有権者の怒り)
  • 第2章 「WHO IS PUTIN?」再考(プーチンの原点をさぐる
  • ロシア崩壊を救った危機管理能力
  • 「富国強兵」の大統領時代)
  • 第3章 「垂直権力機構」の限界(徹底した中央集権化
  • 「帝国」の陰)
  • 第4章 タンデムの成果と欠陥(「双頭体制」の狙い
  • 広がったタンデムの溝
  • メドベージェフ再選の断念)
  • 第5章 プーチン復帰後の外交と国防(ソ連はよみがえるか
  • 「新冷戦」の再来も?
  • アジア外交)
  • 第6章 「プーン後」への動き(ロシアはどこへ向かおうとしているのか
  • ポスト・プーチンへの助走)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プーチンの思考 : 「強いロシア」への選択
著作者等 佐藤 親賢
書名ヨミ プーチン ノ シコウ : ツヨイ ロシア エノ センタク
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.10
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-024676-7
NCID BB10640338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想