地図でみる東日本の古代 : 律令制下の陸海交通・条里・史跡

島方洸一 企画・編集統括 ; 立石友男 編集主幹 ; 金田章裕, 木下良, 井村博宣, 落合康浩 編集委員

奈良・平安時代の主要な道路を明治期の五万分一地形図で網羅し、2011年の東北地方太平洋沖地震による津波浸水範囲を詳細に記載するなど、自然災害との関連性をも考察できる。古代日本における農村計画の基礎を築いた条里地割を旧版地形図判読により明らかにし、条里呼称についての研究成果も採録。国名、郡名はもちろん、郷名までも収録し、国府、郡家、駅家といった古代施設も掲載。さらに関連遺跡、古墳、貝塚をも収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説
  • 東海道
  • 東山道
  • 坂東
  • 奥羽
  • 北陸道
  • 挿入図一覧
  • 参考資料(日本海
  • 北海道
  • 地形図図式
  • 参考文献)
  • 索引(五十音順索引
  • 難読名称一覧)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地図でみる東日本の古代 : 律令制下の陸海交通・条里・史跡
著作者等 島方 洸一
木下 良
立石 友男
金田 章裕
落合 康浩
井村 博宣
書名ヨミ チズ デ ミル ヒガシニホン ノ コダイ : リツリョウセイカ ノ リクカイ コウツウ ジョウリ シセキ
出版元 平凡社
刊行年月 2012.10
ページ数 310p
大きさ 38cm
ISBN 978-4-582-46703-1
NCID BB1063713X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想