社会保障と私保険 = Couverture maladie complémentaire en France:Entre assurance privée et sécurité sociale : フランスの補足的医療保険

笠木映里 著

社会保障制度が後退・縮小した場合、新たに生じた空白部分に、社会保障を補完する何らかの試みが登場する余地があるのだろうか?日仏の医療保険制度を対比しつつ、日本のあるべき姿を語る意欲的研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序編 本書の問題意識と検討対象(検討対象の限定・他分野との関係
  • 比較法的考察の意義と分析視角)
  • 第1編 補足的医療保険-現状と発展の歴史(補足的医療保険組織に関する現行法の定め
  • 発展の歴史)
  • 第2編 補足的医療保険をめぐる法制度の展開(現代的な社会保障制度の創設と補足的医療保険の誕生
  • 補足的医療保険に関する体系的な法規制の試み
  • 欧州保険市場の統合と補足的医療保険
  • デュアル・システムの制度化
  • デュアル・システムの展開
  • 被用者の補足的医療保険
  • 補足的医療保険法令の展開と近年の動向)
  • 第3編 社会保障と私保険-日仏法比較(フランス法における社会保障と私保険
  • 日本法における社会保障と私保険
  • 比較法的考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会保障と私保険 = Couverture maladie complémentaire en France:Entre assurance privée et sécurité sociale : フランスの補足的医療保険
著作者等 笠木 映里
書名ヨミ シャカイ ホショウ ト シホケン : フランス ノ ホソクテキ イリョウ ホケン
書名別名 Couverture maladie complémentaire en France:Entre assurance privée et sécurité sociale

Shakai hosho to shihoken
出版元 有斐閣
刊行年月 2012.10
ページ数 12,248p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-14436-1
NCID BB10626858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22167876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想