国際経済の論点

馬田啓一, 木村福成 編著

高まる国際経済の不確実性とリスク。グローバル化と相互依存の深化によって、日本経済もその影響から逃れることはできない。日本に次々と押し寄せる荒波。先行きの不透明な国際経済の動きをどう読み解くか。本書は、国際経済における目下焦眉の諸問題を論点に取り上げ、その現状や問題点、課題を鋭く考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 WTOと経済連携(WTOの失速:その存在意義
  • 経済連携の潮流:TPPと東アジア経済統合
  • 新たな国際分業と広域FTAs)
  • 第2部 貿易と直接投資(日本の貿易構造の多角化と東アジアの中間財供給
  • 東アジアにおける生産・流通ネットワーク:その安定性と回復力
  • 海外直接投資と空洞化:近年の企業レベルデータによる研究の潮流
  • FDIの収益格差)
  • 第3部 自由貿易と企業行動(自由貿易に対する選好:その決定要因と国際比較
  • アンチダンピングと保護主義
  • 多国籍企業と移転価格)
  • 第4部 通貨と金融危機(ユーロ導入の検証:ユーロはヨーロッパ経済の収斂を促したか
  • 欧州政府債務危機の根底にある問題
  • 為替変動の恐怖)
  • 第5部 新興国と開発(躍進する新興国と`中所得国の罠'
  • 地球温暖化と新旧模索
  • 日中韓の技術革新:展望と政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際経済の論点
著作者等 木村 福成
馬田 啓一
書名ヨミ コクサイ ケイザイ ノ ロンテン
書名別名 Kokusai keizai no ronten
出版元 文眞堂
刊行年月 2012.10
ページ数 254p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8309-4771-1
NCID BB10603251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22236269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想