日本と琉球の歴史景観と地理思想

高橋誠一 著

[目次]

  • 総論 日本と琉球の歴史景観と地理思想
  • 東アジア世界としての古代飛鳥と広域的都市計画
  • 風水都市としての紫香楽宮と方格地割
  • 長崎唐人屋敷の景観と構造-中国風囲郭街区への改造
  • 琉球における石敢當-那覇市首里地区を事例として
  • 那覇市壼屋地区の曲線道路と石敢當
  • 石敢當の伝播と拡散にみる琉球と日本-奄美諸島を中心として
  • 今帰仁城近接地からの集落移動と格子状集落今泊の形成-土地所有からみた分析
  • 琉球の歴史的集落今泊の景観と保全
  • 奄美大島龍郷町の集落と石敢當
  • 神の島、古宇利島の集落と伝統的地理思想-琉球としての再認識と強調
  • 日本における天妃信仰の展開とその歴史地理学的側面

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本と琉球の歴史景観と地理思想
著作者等 関西大学東西学術研究所
高橋 誠一
書名ヨミ ニホン ト リュウキュウ ノ レキシ ケイカン ト チリ シソウ
シリーズ名 関西大学東西学術研究所研究叢刊 42
出版元 関西大学東西学術研究所
刊行年月 2012.10
ページ数 358p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-87354-549-3
NCID BB10573729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想