世界システムという考え方 = The Idea of the World-Systems Analysis : 批判的入門

山田信行 著

ウォーラスティンの『近代世界システム』第1巻刊行以来、40年にわたり社会科学全般に影響を与え続けてきた世界システム分析。壮大なパラダイムを社会学的視点からコンパクトに概説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 世界システム論とはなにか(基本構成-世界システムはどんなシステムなのか
  • 歴史-近代とはいかなる時代か
  • 開発-南北格差は解消できるか
  • 資本主義-どこがユニークなのか)
  • 第2部 世界システムの過程(国家-システムに制約されるもの
  • 社会運動-システムに抗うもの
  • イデオロギーと文化-システムを支えるもの
  • 移行-われわれはどこから来てどこに向かうのか)
  • 第3部 世界システムの現在(新国際分業-システムは変化したのか
  • ポスト新国際分業-グローバル化はなにをもたらすのか
  • 反グローバリズム-「もう1つの世界」は可能か
  • エコロジー-環境問題をどうとらえるか
  • むすびにかえて-われわれはどこまで世界システム論者であるべきか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界システムという考え方 = The Idea of the World-Systems Analysis : 批判的入門
著作者等 山田 信行
書名ヨミ セカイ システム ト イウ カンガエカタ : ヒハンテキ ニュウモン
書名別名 The Idea of the World-Systems Analysis
シリーズ名 SEKAISHISO SEMINAR
出版元 世界思想社
刊行年月 2012.10
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1572-6
NCID BB10566111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22180107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想